• ブランクのある人が保育士求人を安心して探すために

    • 女性が多い保育士の世界では、結婚や出産、育児のために一時的に仕事を離れる人もいます。


      また、別の仕事を経験してからまた保育の仕事に関わりたいと考える場合もあります。

      こういうブランクありの保育士の求人は、必ずしも不利とは限りません。ブランクがあると再就職するときに足を引っ張ってしまうと思いがちですが、自分の中の不安を払拭していけばいい保育士求人に巡り合える可能性が高くなります。不安としてよくあげられることは、技術面や体力面、家庭との両立などです。

      しばらく仕事を離れたことで自分の能力が落ちているのではないかという不安もありますし、業界の内部が変化してしまって付いていけないのでは、という懸念が出てきます。



      体力面では、特にしばらく仕事から離れているとその間に年齢的に体力が衰えてしまっているのでは、ということが不安になります。


      保育士はキャリアを積んだ人よりも、子どもと一緒に走り回れる若手の方が重宝されることが多いですから、確かにこれは不安なことです。

      また、家庭を持っている人ならば、家庭と仕事の両立が問題になってきます。
      特に育児をしながら働きたいという人は、子どもへのケアが十分に行き届く職場かを考えながら求人を探す必要があります。



      こういった数々の不安はありますが、今では待機児童問題が深刻になっていますし、離職率が高い業界なのでブランクありの人でも積極的に雇いたいと考えているところが多いです。



      認可外や認定こども園、ベビーシッターや保育ママといった仕事も含めて考えれば、安定して働ける可能性のある場所はいくらでもあります。


      知識や技術に対して不安を持っているならば、ブランクOKの職場から探してみるといいでしょう。
      入職の際に研修が受けられたり、教育制度が整っているところであれば、入ってからスムーズに仕事の勘を取り戻すことができます。


      都道府県や自治体のハローワークなどでは、潜在保育士のために職場復帰セミナーを実施していることもあるので、こういうセミナーを利用してみるのもひとつの手です。体力や家庭との両立に不安があるならば、正社員だけではなくパートや育児短時間勤務で働けないかどうか考えてみましょう。

      ただし、育児短時間勤務は勤続年数1年以上が条件なので入職してすぐは利用できない可能性が高いです。

      一方、パートであれば都合がいい曜日と時間帯を選んで働くことができます。

      まずはパートで働いて、仕事ぶりが認められればそのまま正社員にキャリアアップできる登用制度を設けているところもあります。


      パートだと正社員に比べて収入は減ってしまいますが、家庭との両立はハードなものですから身体を第一に考えて勤務形態を選んだ方がいいでしょう。


      総合的に考えて、今の自分に無理のない働き方を選ぶことが大切です。


      無理に復帰して「やっぱり辛い仕事だ」と感じてしまうとまた辞めたくなってしまうかもしれないので、慎重に選ぶようにしましょう。


  • 関連リンク

    • 後悔しないための保育士就職のポイント

      子どもが好きというだけでは、保育士を長く続けられるかどうか疑問です。子どもが好きなのは重要なことですが、遊びではなく子どもを教育する立場にあるので、いい加減な責任感では臨めないからです。...

    • 男性保育士の就職は不利か

      保育士は女性が多い職業なので、男性の割合は少なめです。最近では徐々に志願者が増えてきていますが、それでも女性の割合からすると極少数派です。...